ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

東銀座

食の備忘録 #158:ダルマサーガラ「本格インドカレーを食す」

2017年7月中旬訪店 久しぶりのダルマサーガラ訪店である。銀座界隈にはインドカレー屋がそこら中にあると思えるほど点々とあるため、よほど美味しいか気に入らないとまたあの店に行こうかという気にならないのだが、ダルマサーガラはたまに行く店である。 ダ…

食の備忘録 番外編 #51:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「7月の新メニューPart2」

2017年7月中旬から下旬に訪店 ほぼ毎日通っていた時期もあっがた、さすがに最近飽きてきた感がでてきた米どころん。やはりメニューが変わらないと飽きるのでそろそろメニューチェンジがほしいところである。 1. 豚肉と玉子の甘酢炒め定食 7月の新メニュー。…

食の備忘録 番外編 #49:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「7月の新メニュー始まる」

2017年7月上旬訪店 7月に入ると新メニュー登場に加え、サービス券のラインナップも更新され米どころんも少し変わった(のか?)。生卵が保健所から止められたらしく半熟卵のみの提供となっていた。 1. イチボステーキ(200g)定食 新メニューといつつ、前回…

食の備忘録 番外編#46:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「イチボステーキなどを食す」

2017年6月中旬から下旬にかけて訪店 サバ味噌定食 どこで食べても安定の美味しさのサバ味噌定食。ここでもやはり旨い。コロッケはサービス券。オレンジジュースはプリペイドカード特典。このプリペイドカード特典は店員によって聞かれたり聞かれなかったり…

食の備忘録 番外編#44:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「6月の新メニューを食す」

相変わらず米どころんに通っている。外食でバランスが良い(と思われる)食事が取れるのはやはり貴重である。5月の末にメニューが一新され結構入れ替わったので、そのあたりを重点に紹介する。 2017年6月上旬訪店 新メニュー1:わらじ豚タレカツ丼(950円…

食の備忘録 番外編#36:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「4月の新メニューを食す」

2017年4月訪店 相変わらずの米どころん通いを続けている。バランスがよい(と思われる)食事ができるのは、外食メインの食生活を送る上で結構重要である。そろそろ全メニュー制覇も見えてきた。 1. もち豚メンチカツ定食 納豆はサービス券で追加したものであ…

食の備忘録 番外編#34:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「メガ盛りたれかつ丼等を食す」

最近ランチは米どころんばかりである。別に縛っているわけではないが割と気に入っている。メニューを一通りなめるまで集中的に通うことになりそうである。 2017年2月下旬から3月上旬にかけて訪店 1. からあげ定食 小鉢サイズからサイズアップしたサラダ皿は…

食の備忘録 番外編#30:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「魚メニューを食す」

2017年2月上旬訪店 最近ランチは米どころんに行くことが多いので、まとめて紹介していく。 1.ホッケ焼き定食+ポテトサラダ この日は、小鉢が切り干し大根。そして小鉢だったサラダがなぜが大きな皿へランクアップしだした。知っていたら、前回気に入ったポテ…

食の備忘録 番外編#28: 大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「カレーライスを食す」

2017年2月上旬訪店 再び米どころんへ訪店となった。メイン料理にサラダと小鉢がつくのが良い印象であった。米どころんはメニューが豊富で、選ぶのに少々迷うのだが、今回はカレーライスをチョイス。 カレーライスでも、やっぱり味噌汁がつく模様。 カレーは…

食の備忘録 #121: 大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「鉄板味噌だれ牛焼肉定食を食す」

2017年1月中旬 定食屋というスタイルで営業している店はあまりないのかもしれない銀座であるが、それもご飯自体を押している店というのは、やはり稀有であろう。普段は素通りしていくのだが、特に行く店を決めずに出たため、足が止まる。 雰囲気はやよい軒…

食の備忘録 番外編#27:中国料理 華宴「にらもやしラーメンと半チャーハンを食す」

2017年1月中旬訪店 華宴はそんなに話題に上るような店でもないのだが、たまたま話題になったときにそこチャーハンが好きだという人がいた。チャーハンが食べたくなったときに行くのだと。自分の記憶では、わざわざ食べに行くほどのチャーハンではなかった記…

食の備忘録 #111: イルデリツィオーゾ(東銀座)「豚の鉄板焼きを食す」

今回はイタリアンのお店の紹介となる。この食の備忘録では、イタリアンのお店を書いた記憶がない。というのもそういったお店にほぼ行かないので書きようがないといったところである。やはりこういったお店はランチだとパスタのイメージで、昼はパスタよりも…

食の備忘録 #110:中国料理 華宴「豚肉とにんにくの芽の炒めを食す」

華宴はたまに行く店であるが、まだ紹介していなかったかと思った次第であった。特別に美味しいわけではないが手ごろな値段でそこそこ美味しいのでコスパが良い店であると言える。 スタッフは中華系と思われる人たちで、中華料理屋にありがちなラーメンをライ…

食の備忘録 番外編 #24: インドカリー RASA「ホタテカレーを食す」

2016年12月中旬訪店 昼時には少々遅くなってしまったが何か食べなくてはと、丁度近くに来たのでRASAに寄ってみる。さすがにこの時間は客もあまりいない。入って座るも、何が残っているのか教えてくれないので、こちらから訊くとホタテがあったのでホタテをオ…

食の備忘録 番外編 #23: 函館らーめん船見坂(東銀座)「味噌ラーメンとチャーシュー丼を食す」

2016年11月下旬訪店 久しぶりの船見坂となった。最近ラーメンが食べたくなると一番に思いつくのが元楽なので、船見坂はへ足が向くことがなかったのである。この日は久しぶりに行ってみるかという気分になったので訪店。元楽は醤油を選ぶのだが、気分的に味噌…

食の備忘録 番外編#22: 小諸そば(歌舞伎店)「親子丼セットを食す」

2016年11月下旬訪店 小諸そば歌舞伎店は、銀座にありながら他の店と同じ値段で提供されるためか昼時には行列ができるほど込み合う店である。この日も割りと混んでいた。券売機で親子丼と追加の券を買ってカウンターに出し、列に並ぶ。 店員や混み具合によっ…

食の備忘録 #100: にし邑(東銀座)「絶品ロースカツを味わう」

記念すべき食の備忘録100回目ということで、これまで暖めてきた1店を紹介することにする。東銀座に店を構えるとんかつ屋のにし邑である。狭いながらもカウンター席が十数席あり、かなりの確立で行列を成している人気店である。 いかにとんかつが旨いかは後述…

食の備忘録 #87: いけ田(東銀座)「ユーリンチーを食す」

2016年11月上旬訪店 チャリハイピンという料理が名物のようであるが、ネットで情報を漁っている時にはユーリンチーがうまそうに見えたのでユーリンチーを食べに行こうと思い立つ。思い立ったはいいが、中々お店までたどり着けない。店の名前が半端なのでノイ…

食の備忘録 #81: 日東コーナー(東銀座)「ハヤシライスを食す」

2016年10月中旬訪店 いつもは素通りする日東コーナーであるが、ハヤシライスが旨いいう情報であったので立ち寄ってみることにした。 中に入ると、非常に閑散としており客がゼロ。たまたまそういう時間に入っただけであろうか。どこでもよいということであっ…

食の備忘録#67:銀座すが家「さばの塩焼き定食を食す」

2016年9月中旬訪店 うまい魚が食べられると聞いてすが家に訪店。場所を聞いてそんなところにそんな店あったかな?という感じだったが、それもそのはず地下にあるお店であった。地下にあるというだけで露出がなくなり、印象に残らないのは大きいデメリットで…

食の備忘録#64:博多 慶州 銀座店「野菜山盛りのちゃんぽんを食す」

銀座に2山あり。一つはチャーハンの山也。その地は悟空。そしてもう一つの山が野菜のの山である。その地は博多慶州である。お腹一杯野菜が食べられるが、どちらかというと嫌と言うほど野菜を食べなければならないという印象の人も多そうである。 最初慶州の…

食の備忘録 番外編#06: インドカリー RASA「エビカレーを食す」

2回目の登場となるインドカリーRASAである。珍しくエビフライがあったのでレポートしておく。 2016年9月中旬訪店 波があるのだろう。いつもと同じような時間に訪店しても、ビーフやチキンしかない日であったり、多数残っている日もある。ビーフやチキンも十…

食の備忘録 番外編 #03: 函館らーめん船見坂(東銀座)「ワンタンメンを食す」

過去に記事にしたラーメン屋船見坂の続報ということで今回は番外編となる。 過去の記事について以下を参照されたし。 hiropongtan.hatenablog.jp 2016年8月 中旬訪店 銀座界隈でラーメンが食べたいなと思って、候補に挙がるのが紫龍や一風堂であるが最近ここ…

食の備忘録#55:インドカリー RASA「丼で食すチキンカレー」

銀座界隈でカレー屋を探すとほとんどインド人が経営するインドカレー屋である。ご飯で食べるよりもナンで食べるようなカレーであり、そういったものもおいしいしたまに食べたくなるが、日本風の米で食べるカレーが食べたいという気分の日がある。そういった…

食の備忘録 #54: タイ王国食堂ソイナナ「銀座に在りながらタイを感じる」

今回紹介するのはタイ王国食堂ソイナナである。銀座界隈にありながらランチが680円と大変コスパが良い店である。日本人向けに調整しているので辛さは控えめながらタイ料理が味わえるお店で、ランチタイムはいつ行っても人で溢れている人気店である。エス…

食の備忘録#52:健康中華庵 青蓮 東銀座店「マーボーナスを食す」

2016年7月上旬 今となっては懐かしいとさえ思うが、誰も彼もがランチパスを持ってランチに出るという光景が見られる時期があった。最初は目新しさにあるいは500円という安さに釣られてみんなが持って歩いていたが、一巡したのか飽きたのか今は疎らである…

食の備忘録 #51: 萬福(東銀座)

2016年7月下旬訪店 古くからある店として有名な萬福というラーメン屋があるということで訪店。 この店は何度か前を通り過ぎたことがあったがそんな老舗には見えずスルーしてきたが実はそういった類の店ということで訪店するに至った。 中に入ると先客が数人…

食の備忘録 #48: 歌舞伎そば「行列ができる伝統の味を食す」

歌舞伎そばはその名の通り銀座歌舞伎座の裏手の通りにある小さい店である。東京にありがちなカウンターのみの長屋風の置くに長い店である。恐らく昔からのままで残っているんだと思われる。この店はいつ行っても人がいて大体並んでいるので侮れない。 行列が…

食の備忘録 #37: エルベ(東銀座)「アツアツのシチューを食す」

暑い時期に、熱いシチューの紹介もどうかと思ったがネタがなくなりつつあるので、今回はシチューの紹介である。 2016年3月中旬訪店 少しずつ暖かくなってきた頃合であるが、ランチでシチューが食べられるお店の話を聞いて、熱くなる前にということで突撃し…

食の備忘録 #09: 東方一角 東銀座店 「回鍋肉を食す」

中華料理は野菜もたくさん取れるイメージなので、ランチによく利用する。その中でも東銀座界隈でよく利用するのが東方一角である。定食のボリュームが多いのでお腹一杯になること請け合いである。また円卓の大きいテーブルもあるので大人数で気軽に行けるお…