読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #18: 北海道らーめんほしみ屋日本橋浜町店

2016年8月上旬訪店

ある日ふと気が付くといつの間にか店の名前が変わっているということがある。今回はそんなお店に突撃である。看板が変わっていることに気が付いたのは先日であったが、そのときは興味もなく通過。しかし今日は何かラーメンでも食べたい気分ということでふと頭に浮かんだのがこのお店。

さて、店の前に着くと無事やっていて安心する。この界隈土日は店を閉じる飲食店も多い。

f:id:hiropongtan:20160807140919j:plain

店の外面にメニューがでかでかと出ていたのでよく見てみる。

f:id:hiropongtan:20160807140910j:plain

北海道らーめんと銘打っているが、醤油、味噌、塩、とんこつ、その他と最近のラーメン屋にしては節操がない感じ。最近のラーメン屋は、スープはほぼ一種類の印象である。値段はこの辺りだと普通レベルか。

店に入って券売機で食券を買う。券売機の並びを見ると味噌押し。どうやら北海道発信のラーメン屋ということであろう。少し悩んで濃厚味噌ラーメンをチョイス。ミニチャーハンがあったのでそれも買う。チャーハンを出すラーメン屋がなかなかなくて寂しいと思っていたところである。しかし、餃子がないのはなぜだ。ラーメン、チャーハン、餃子とセットにしたいという感覚がもはや時代遅れなのかもしれない。

さて店内を見渡すと改装されていることが分かる。そんなに広くない店内だが前客は一人だけ。この時間なのでこんなものか。食券を渡すと大盛りがこの時間無料ということで大盛りにしてもらう。水を飲みながらしばしラーメンを待つ。コップが紙コップでふにゃふにゃだったので非常に気になった。

濃厚味噌ラーメン(大盛り)が到着。

f:id:hiropongtan:20160807140856j:plain

f:id:hiropongtan:20160807140904j:plain

シンプルな味噌ラーメンであった。具は見ての通り海苔、ねぎ、メンマ、チャーシューである。スープは思いのほか美味しく濃厚なと銘打たれているだけあってコクがあるかんじ。麺は割りとどこにでもありそうな感じの麺であった。

続いてミニチャーハンが到着。

f:id:hiropongtan:20160807140909j:plain

見た目がちょっとべたってしており一瞬外れかとおもったが、食べてみるとふわふわ。卵のところだったかなと思い、確認してもう一口。やはり食感はふわふわ。チャーハンを食べてふわふわという感想がでてきたことがあっただろうか。味付けには少し濃いが中々美味しいチャーハンであった。

まぁまぁ美味しかったがこの場所で生き残れるか微妙なところ。この場所は、結構苦労する場所のようで1年くらいでくるくるお店が変わっている印象。この界隈おいしいラーメン屋は何店もあるので、ちょっと美味しいレベルでは集客が難しいのかもしれない。だがあの店よく長続きするなというお店が存在しているのも事実なので、前の店よりは美味しいのでがんばってほしいところ。

 

お店の場所はこちら:Google マップ

 

追記①(2016.09.25)

何回か行くうちに気が付いたらコップが紙コップからプラスチックに変わっていた。お店の人が見てくれたとは考え辛いがありがたいとことである。

苦言ついでにもう一言言っておくと、お茶の入ったピッチャーが結露でテーブルの上がべたべたになるし、注ぐときにそれがぽたぽた落ちるのが気にあるので、下に結露を受ける皿のようなものを置いたほうが良い。割とそういうことをしている店は見かけるのでぜひ。

追記②(2016.10.01)

コップに続いてピッチャーも容器が変わってもリニューアルされていた。こんな弱小ブログが監視されているのかと思うようなタイミングでの出来事であった。

結露受けあるのとないのでは、全然違うので有難い。