読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #38: 中国名菜処 悟空(銀座)「大盛りチャーハンを食す」

今回紹介するお店はチャーハンが有名がお店である。主に量が多いことで有名である。初めに話を聞いたときは耳を疑ったものである。なんでも1kgオーバーのチャーハンを出すお店があるということであった。

チャーハンは並盛り(500g)、中盛り(700g)、大盛り(900g)、特盛り(1.2kg)となっている。中盛り以上は+100円と大変リーズナブルである。最初の訪店では、様子見で中盛りを食した記憶である。中盛りでさえ700gもありかなりの量で、それで満足して帰った。

最近は大盛りを頼むのが主流で、特盛りを頼む機会を窺っている最中である。このお店のチャーハンは週変わりで、具や味付けが変わるので量食べるのに適したチャーハンというものが存在する。また人によって好みがあるので、これはと思ったチャーハンでチャレンジするべきである。

この悟空は、普通に中華料理店なので日替わりランチなどもあり、それらを頼む人も大勢おりランチの時間は賑わっている。

2016年7月中旬訪店

この日は、お腹が特に減っており米が食べたいという欲求だったため、量が食べられる悟空へ。お店へ着くと空席があり、一安心。たまに行列で店に入れないことがあるのでピークタイムは外すようにしているが、席に着くまでは安心できない。

今週のチャーハンを確認すると、鶏肉のピリ辛チャーハン(みたいな名前だったように思う)であったので、大盛りで注文。たまにちょっと相性が良くないチャーハンがあるのでそういったときは中盛りにする。

程なくチャーハンが到着。

f:id:hiropongtan:20160828231806j:plain

上からの写真では良く分からないと思い、もう一枚。

f:id:hiropongtan:20160828231809j:plain

こんもりと山なりに盛られていることが良く分かると思う。1枚目のお椀や灰皿は普通サイズなので、大きさが良くわかると思う。

ここのチャーハンはたいていどれも大変美味しくペロリといただけてしまうところが恐ろしい。たまに油がきつかったりしてきつくなるが、大盛りで丁度お腹一杯になるかんじである。大盛りでも特盛りでも同じ値段なので、いつも特盛りとどちらにするか悩むが、さすがに特盛りは食べすぎかな。

この日もよい満腹感に酔いながら帰途に着く。

 

お店の場所はこちら:Google マップ

 

別日に撮った写真があったのでついでに紹介しておく。

f:id:hiropongtan:20160828231732j:plain

黒胡椒と鶏肉のチャーハンだっと思われる。このチャーハンも絶品である。