ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録#64:博多 慶州 銀座店「野菜山盛りのちゃんぽんを食す」

銀座に2山あり。一つはチャーハンの山也。その地は悟空。そしてもう一つの山が野菜のの山である。その地は博多慶州である。お腹一杯野菜が食べられるが、どちらかというと嫌と言うほど野菜を食べなければならないという印象の人も多そうである。

最初慶州のちゃんぽんを見たときは、度肝を抜かれたものである。店の入り口のメニューの写真には、山盛りの野菜が乗ったちゃんぽんが写っていたがどうせ写真だけであろう、と侮っていた。実際注文してみるとまさに同じサイズの物が出てくるではないか。

そんな慶州であるが、ちゃんぽんを頼む人も多い。たまにもう麺がないからちゃんぽん終わりましたといわれて困ることがある。ちゃんぽん以外に美味しい物はあるので、そういうときは、新たなチャレンジのチャンスだろうか。個人的には焼きそば定食もお奨めである。

2016年9月中旬訪店

久しぶりにちゃんぽんを食べたくなったので、慶州へ向かう。たまに行列があって諦めて違う店へ行くことになるが、なんとか座れたので一安心といったところ。店の混み具合はほぼ満席といった状況であった。今日はちゃんぽんと決めてあったので座ると同時にちゃんぽんを注文。

ほどなくしてちゃんぽんが到着。

上からの写真だとちょっと分かり図らいので横からもう一枚。

まさに山盛りである。キャベツ、もやし、豚肉、にら、にんじん、きくらげ、イカなどが入った野菜炒め的なものがどんと乗っている。下には麺がある。

このままでは食べずらいので、取り皿に少しずつとりながら、雪崩が起きないように食べ勧める。

ようやく、上部の野菜をあらかた食べきったところ。だが、安心することなかれ。ここから本当のちゃんぽんである。ここまでは野菜炒めであった。

野菜の下にはこのように太いちゃんぽん麺がある。このちゃんぽん麺が意外と胃に溜まる。あの量の野菜を食べた後となれば当たり前か。味はちょっと塩がきつい気がするが野菜をあの量食べるとなるとこれくらい必要かもしれない。慶州は全体的に味が濃い目であるように思う。

完食すると、以下のようになる。

かなりのボリュームであることが用意に想像できるが、これは並盛りである。ちゃんぽん麺の大盛りがあるので、自信のある方はぜひ大盛りに挑戦していただきたい。なお、ちゃんぽんの大盛りは過去に踏破済みである。

 

博多慶州銀中店

食べログ博多慶州銀中店