読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #82: ブルーリリー 青百合飯荘 銀座チャイニーズビアホール「ホイコーローを食す」

食ログ 銀座 中華料理

2016年10月中旬訪店

10人弱という人数でランチを食べられるところというと中々ないものである。銀座は小さい店が多いし、混んでいる可能性も高い。ブルーリリーならいけるのでは?ということでブルーリリーへ行った。

ブルーリリーという店の名は聞いたことがあったが行ったことはない店であった。

地下にあるようで階段を下り地下2階へ。

入り口の構えは中々である。

中に入ると結構広く、またそこそこの客が入っていた。通された席は丁度10人がけの大きなテーブルであった。さすが中華料理店というべきか、それともブルーリリィというべきか。こういった大テーブルの用意がある店は貴重であろう。

ブルーリリーは大餃子が有名なような餃子定食を頼む人が多かったが、自分は試金石としてホイコーローをオーダー。日替わりもあり中々メニューが豊富であった。

団体客ということで同じタイミングで料理が出るかと思ったがそうでもなく、できた順での提供のようであった。ホイコーローはすぐにできそうなイメージだがなぜか一番最後であった。

ご飯、スープ、メイン料理、小料理とありふれた構成。デザートが付かないので、他の中華料理屋と比べて少々割り高感がある。

ホイコーロー自体は美味しかった。豚肉が特に手間が掛けてある感じで歯ごたえがよく味わいがあった。またスープがトマトスープだったのだが、これが非常に美味しかった。普段口にするトマトスープは酸味が強いものが多い印象であるが。このトマトスープはコクがあり、具の豚肉がよい味をしていた。

また餃子を一つ貰ったので食べてみたがたしかに1個が大きく美味しかった。餃子が食べたい気分のときに再訪するかもしれない。