読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

美味しいお店、美味しい物をレポートしていきます

食の備忘録 番外編#18:中国名菜処 悟空(銀座)「肉野菜炒めを食す」

食ログ 銀座 中華料理

山盛りのチャーハンが有名な悟空であるが、意外にも?チャーハン以外のものが注文する人も多く、他の客を観察していると半分くらいはチャーハンじゃないものを注文しているようである。

チャーハン以外に何があるというと、替わり(もしくは、日替わりだったかもしれない)の定食や麺類があったりする。そういったメニューも十分美味しいので近くにあったら通いたいところであるが、悟空は少々遠いので中々行くことができないのは残念である。

2016年11月上旬訪店

久しぶりの訪店となった悟空であった。最近運がないのか、今まで以上に繁盛しているのか店に行くも行列が激しくとても並ぶ気にならないので違う店に行くことが多かった。

この日はようやく入れたのだが、なんとチャーハンが梅系であった。チャーハンの気分だったので悟空に赴いたのだが梅系は遠慮したい。あれを量食べるのはきついものがある。単純に好みの問題ではあるが。

仕方がないのでチャーハンではなく週替わりの定食を食べることにした。この日は豚肉と野菜の炒め物だったので外れということはないだろう。中華料理屋でこういった炒め物を注文して外れたことはない。麺類は当たり外れが激しいが炒め物は安定感があると思っている。

ちょっと待つといつもどおり小皿の副菜とスープの椀が先に出てくる。しばらく後にご飯とメイン料理が出てきた。

副菜は結構当たり外れがあるが、今日の副菜はまずまずといったところ。スープは薄め。ここのスープはいつも薄めである。

メインの肉野菜炒めは、思ったよりも肉が多めでうれしい。野菜も色とりどりで見た目も良い。若干餡かけ風になっていてとろみがあり、味付けが濃い目なので、ご飯に良く合う。中々のクオリティであった。ぺろりと完食。

たまにはチャーハン以外のものも良いかと思ったが、悟空に来たからにはやはりチャーハンだろうなぁと思う。

悟空の過去のレポート

hiropongtan.hatenablog.jp