読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

美味しいお店、美味しい物をレポートしていきます

食の備忘録 #111: イルデリツィオーゾ(東銀座)「豚の鉄板焼きを食す」

食ログ 東銀座 イタリアン

今回はイタリアンのお店の紹介となる。この食の備忘録では、イタリアンのお店を書いた記憶がない。というのもそういったお店にほぼ行かないので書きようがないといったところである。やはりこういったお店はランチだとパスタのイメージで、昼はパスタよりも米が食べたいといった理由からである。そういった中でたまたま連れられていったお店が良かったので記録に残しておきたいと思う。

2016年12月下旬訪店

東銀座は歌舞伎座から西に道を一本挟むと、少々落ち着いた一区画があるが、その辺りでひっそりと営業している飯屋もそこそこある。通りの雰囲気からは、飲食店があるのかといった感じだが、どこにもで食べるところくらいはある、といったところか。

とはいえ、今回のお店は通りから角を曲がってすぐのところにあるイタリア料理のお店:イルデリツィオーゾである。実はこの店来るのは2回目で前回は席が空いてなくて寿司屋にいったのであった。

今回は運よく(?)席の空きがあったので中に入る。地下に通されるので階段を下りるとそこそこ広めの空間が広がっていた。メニューを一目見るが、イマイチピンと来るものがなかったので、お勧めを聞いてそれにした。豚の鉄板焼きかラザニアがお奨めであるということだったが、肉の方が外れがないだろうといった思惑である。

まずは、前菜のサラダ(とパン)が出る。思ったよりも大皿であったので驚いた。通常小鉢程度の大きさで出てくる店がほとんどであろう。

パンとハムが全面に押し出されているがその下に野菜が隠れている。普段あまり見慣れない野菜があったように思う。味は可もなく不可もなく。

しばらく後、メイン料理の皿が到着。ブランド豚の鉄板焼き。

何かブランド名が付いていたが忘れてしまった。厚さがあり噛み応えがあり、噛んだ分だけ豚肉が味わえる。付け合せのポテトフライは、普通。ところでこの写真、若干不自然に空いた空間がある。料理に手をつけた後、撮り忘れたことに気が付いて慌てて撮った写真であった。元々は左右の長さも同じ程度あった。普段は手をつけた後は諦めるのだが、諦めるには惜しいほど美味しかったのである。

食後のアイスピーチティー。

食後のお茶もいろいろ種類があって、もっと普通のお茶もあったが飲んだことがないものを選んだ結果である。味は悪くないが、食後に飲むことを考えるともっと落ち着いた味のお茶を選ぶのが正解であったように思う。

イルデリツィオーゾのコスパは悪くないような気がしたが、イタリア料理のお店でランチを食べた経験があまりないので参考にはならないかもしれない。ランチの値段はは大体1000円(税別)であった。個人的感想でいえば再訪しても良いかなといったところ。