読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #115: 石臼挽き十割蕎麦 はせ川 人形町店「2枚もりそばを食す」

2016年12月下旬訪店

人形町交差点の辺りにあった豚丼屋がなくなったいつの間にかそば屋になっていた。交差点の反対側には富士そば、さらにすぐそばには小諸そばがあるのですごい場所に殴りこんできたなという印象。しかも十割蕎麦で富士そばと同じくらいの値段だという。大変気になるのは味であろうか。ということで入ってみた。

店内は大変狭く、頑張ってカウンター席を作った感じになっていた。店内にも券売機があるが狭いので外の券売機で買ったほうが良さそうである。今回買ったのは2枚盛りそば。店員に渡すと、そばをゆで始めた。オーダーが入ってからゆでる方針であると店内に書いてあった。これは結構衝撃である。周りにあるチェーン店のそば屋は当然ゆで置きである。店員も一人のように見えるので、これで昼時に仕事がこなせるのか疑問である。

出来上がると、呼ばれるので取りに行く。器やざるが2人前なのでずっしりと重い。

そばが平たく量産品とは違うと感じさせる。そばつゆは、ちょっと辛めだが小諸そばよりは薄い印象。一枚目を食べきり頃にはそばつゆも底をついた。そば自体はゆでたてということで美味いが、十割なのかちょっと分からない。上のざるを退けると

下から2枚目が顔を出す。小諸そばや富士そばは1つの器に2人前盛ったりするがこの店は1人前ずつのようである。どちらかというと、まとめてもらったほうが楽ではあるが、1枚なのに2枚盛りなのかみたいなことはなくなる。

立地はいいので回転率で勝負する店であろう。周りに競合店があるので生き残れるのか今後の見ていきたい。自体は別のものを試してみたところである。