読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

美味しいお店、美味しい物をレポートしていきます

食の備忘録 #123: 旬の味 とくり 本店「海鮮料理に舌鼓を打つ」

食ログ 川崎 海鮮料理

2017年1月下旬訪店

久しぶりに川崎で呑むということだが急に決まったので予約なしでの訪店となった。早めの時間に行くので、入れないということは滅多にないのだが、一度入れなかった店があって、以降決まった日決まった時間に行く店は全部予約を入れることにしている。駅で合流して店に向かう。ちょっと繁華街よりも奥まった場所にあった。

中々良い佇まいである。落ち着いた雰囲気であるが、古臭さや寂れを感じさせない。

入ると、すでに客が入っており混んでいる様子。さすがに、満席ということはなく2階に通されるも座れたので無問題であった。川崎界隈では、この時間に満席という自体は想定しなくても良いかもしれない。

隣の席では、すでに出来上がったグループが呑んでおり、若干五月蝿いが仕方なし。メニューを一巡して、いろいろ注文する。ドリンクに続き、ほどなく1品目が出る。

 

1品目:野菜サラダ(¥580)

縮尺の関係で大きく見えないかもしれないが、鉢のような大きな皿で出てきて大変食べ応えがあるサラダであった。4-5人いても1人前で足りるであろう量である。サラダ自体はシャキシャキでよかった。

 

2品目:ポテトフライ(¥380)

箸休めのポテトフライ。揚げたてはかりっとしており旨い。

 

3品目:月盛り(¥3000)

高い方の刺身の盛り合わせである。ぶり、マグロ、ホタテ、エビ、タイ、サーモン、アワビ、他3品と10種類くらいの盛り合わせであった。店を探したときにこの刺身の盛りの写真に惹かれて店を決めたが、写真どおりであった。この刺身盛り見て分かるとおり大皿であるが、どのくらいの大皿かというと

このサイズである。取り皿は普通のサイズなので刺身の皿の大きさやサラダの皿の大きさが分かるであろう。この刺身であるが品数も豊富であったが、味も抜群でどの刺身を食べても旨かった。また刺身を巻いた海苔巻き状のものがあったが、これが不思議でたべるとまんま寿司のような味がした。

 

4品目:いか焼き(¥400)

焼いたいか。可もなく不可もなく。もっと後半にオーダーでよかったかな。

 

5品目:鯛かぶと煮(¥580)

鯛の頭は1分ではなく半分であった。味があっさりとこっていがあったようだがあっさりを指定していた。あっさりで正解。こってりだとご飯がほしくなると思われる。自分で作るのは手間なのでこういったものは外で食べるに限る。

 

6品目:出汁巻きたまご(¥480)

写真を撮りそびれたので、写っているのは半分である。最初は3本であった。だしが良く効いた出し巻きで旨かった。

 

7品目:寄せ鍋1人前(¥1300)

このサイズで1人前である。他の店なら2-3人前として出てもおかしくない。

火が通ると

具も種類がたくさん入っていて満足度が高い。

 

8品目:くじら生姜焼き(¥650)

 

くじらが好きな友人が注文したが、その友人でさえ生姜焼きはないなと言っていた。

品数にしては8品と少なかったが1品1品が量があり、3人ならこのくらいなのかもしれない。お酒は少なめであったがこれだけ食べて一人4000円弱とコスパは良い。是非とももう一度訪店したいと思わせる店であった。