ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 番外編#68:健康中華庵 青蓮 東銀座店「存分に喰らう」

2017年11月下段訪店

本当は別の店に行きたかったのだが予約しない時に限って予約で埋まっているといわれて入れなかったので、仕方なく近くの別の店を選定したところ、うまい麻婆豆腐がよいという意見で固まったので青蓮へ案内した。

時刻は5時とまだ夕食には少し早い時間だからだろうか?他の客はなく少々入りずらい雰囲気があったが入る。全部空いているのでどの席でも良さそうだが、端の席へ着く。

夜のメニューを見るのは初めてだったので結構見てからオーダー。オーダーが終わるともう一つテーブルを付けますねと4人席から6人席に拡張された。そんなにテーブルに並ぶということか?

何はともあれ乾杯をしていると早々に料理が出始める。さすがに他の客がいないだけある。

まず出たのは、豚の角煮。

トロトロに煮込まれた豚肉に少し辛めのタレがかかっている。ご飯に大変合いそうである。1皿目ということもありあっという間になくなる。

2皿目は、エビマヨ。

カンヅメのフルーツが乗っているのが珍しい。エビは旨かった。

3皿目は、酢豚。

豚肉がカラっと上がっていて美味しいかった。

4皿目、四川風チャーハン。

ピリ辛のチャーハンで単体でも旨い。ただこの後の料理のためにあまり食べずに置いておく。

5皿目、大根餅。

マカオで初めて食べて以来、気に入って見かけると頼みたくなる。これも美味しかった。

6皿目、鶏肉を使ったチンジャオロース。

鶏肉のチンジャオロースも悪くない。全然ありだった。

7皿目、麻婆豆腐。

いつも通りの麻婆豆腐であった。辛い物好きには、まだまだいける辛さらしい。我々一般人にはこれで十分である。

1巡目のオーダーが終わり2巡目に入る。

8皿目、八宝菜。

八宝菜は味が醤油ベースと塩ベースがあったが醤油ベースでオーダーした。悪くないのだが、単品で食べるには醤油じゃない方がよかったかなと思った。

9皿目、マーボーナス。

茄子がうまいと思わせてくれるここのマーボーナスはやはりいつ食べても旨い。お勧めの一品である。

10皿目、鉄板焼き油淋鶏。

普通の油淋鶏のように上に葱が乗ってくるかと思っていたら下にタマネギという配置であった。見た目以上の量があり、おすすめ。

11皿目、小籠包。

中々本格的にで1個がそこそこでかい。割ると中々たっぷりと汁があふれてきた。

久しぶりに中華料理をお腹いいっぱいに食べた。どの料理も外れはなく美味しかったので及第点である。まだまだオーダーしてない料理もある。会計は一人5000円弱と、他の店の中華料理食べ放題+飲み放題程度か。もっと安い店もあるが、その分味も落ちること考えれば悪くない。ただやはり昼にランチを食べにくる店でわざわざ夜に飲みに行く店はないという印象であった。

食の備忘録 番外編#67:中国名菜処 悟空(銀座)「エビチャーハンを食す」

2017年11月下旬訪店

ほとんど1年ぶりのエントリーとなった悟空について今回は書いていく。知る人ぞ知る店で、たまにテレビにも出ているようである。活動エリアからちょっと外れているのであまり足が向かいないが、今のところ、ここのチャーハンが一番うまいと思っている。ただ、チャーハンは週替わりで変わるので当たり外れはある。ひさしぶりに行ったので、店の雰囲気でも書いていきたいと思う。

時刻は1時半も過ぎそろそろランチタイムも終わろうかというころに店に着いた。並んでいる人はいなかったのですっと入れるかと思ったが、満席だったので少し待たされた。この時間でもまだ満席とは人気はまだまだあるようだ。12時台に来ると行列があることが多い。

待ちながらメニューを見ると、今日はエビチャーハンのようである。エビチャーハンなら外れではなかろうと大盛でオーダー。先にオーダーだけして待つ。5分くらいして席が空いたので店の中へ。

店内を見ると客層は8:2で男性優勢であった。元々そういう店である。チャーハンが有名なのでみんなチャーハンを食べるのかと思いきや、割と日替わり定食を食べたりする人が多い。チャーハンは一般人には量が多いようである。

席に着いてすぐにスープと小皿が出る。

これはチャーハンでも出るのでランチタイムのサービスであろうか。切り干し大根を摘まみながら待つと、チャーハンが出る。

これは大盛900gである。うず高く聳える山のようである。エビチャーハンという割にはエビは少な目か。食べてみると味は薄目。しっかり炒められており、油は十分に感じる。最初は良かったが、油がくどいと感じるようになり、薄味なので飽きる。これなら中盛でよかったかなという感じである。今のところ黒コショウが効いたひき肉の入ったチャーハンが過去もっとも旨かった。

 

食の備忘録 #183:ケンタッキーフライドチキン 日本橋人形町店「やみつきチキン南蛮サンドを食す」

2017年11月中旬訪店

余りブログすることがないファストフード店のエントリーとなった。ファストフードの商品を書いてもさして目新しさもないだろうというのが、大きな理由であるが、今回は気が向いたという感じである。

どこにでもあるケンタッキーフライドチキンであるが、僕が人形町に初めて来たときには、なかったと記憶している。そして知らぬ間に店が変わりケンタッキーができていたという印象である。立地は駅から徒歩数分で繁華街のど真ん中となれば往来も十分にあり、店は狭いのだが結構流行っているという印象である。

狭いといったが店の幅がまさにこの写真に写っている程度である。1階にレジがあり、2階がイートイン、3階はトイレとスタッフルームとなっている。席数は20もないんじゃないかなという程度。必然的に持ち帰りがメインとなる店だろう。よくもまぁこの狭い場所でこの店を出そうと思ったものである。

時刻は19時といい時間であるが、珍しく列もなくすっと買えそうだったので入った。入ると前に一人いたが会計済みで待っている状態であった。すぐに番が回りオーダーをする。ケンタッキーはフライドチキンが一番出る商品なのだろうか?だが、個人的には脂がくどくて、サンドのほうがよほど好きである。ということで、期間限定っぽいやみつきチキン南蛮サンドをセットで、後はせっかく入ったので単品でチキンを少し。

すぐに出てきたので2階で食す。今回はイートインである。2階がどんな感じかみたいというのもあった。席はテーブル席の他、細かく区切られた一人席もあり、今風の配置。席数を確保するためか席の間隔は狭い。数組の客が、食事をしていた。空いている席に着きサンドを開封する。

ちょっと見た目がよろしくない。直径は標準的な日本のハンバーガーサイズだが、チキンは分厚いだろうか。味もよくしっかりとチキン南蛮していた。やはりここのサンドは旨い。

次にセットのポテトとチキン2種。

色が茶一色で見た目がよくないが、右上のやつがセットのポテト、右下が骨なしのチキン、左が普通のチキン1ピース。骨付きのチキンはどこの部位になるのか運で決まるようなので今回は当たりの部類であろう。味はいつも通りの味。量を食べるようなものではない。いかにもアメリカンなジャンクフードという感じがする。

食の備忘録 番外編#66:らーめん味味 三ノ輪店「香味らーめんを食す」

2017年11月中旬訪店

思いのほか早い再訪となった味味。自分の中では、前回はふらりと入ったラーメン屋で、思わぬ高評価となったのでもう一回来てみたのだった。

時刻は夕食には少し早い5時ごろとなれば、客はあまりいなかった。今回は前回と少し変え、香味らーめん+ごはんとした。果たしてこの選択が吉と出るか凶とでるか。

他に客もおらず、麺は細麺のため出るのは早い。まずは香味ラーメン。

そして、チャーシュー丼。

香味ラーメンは、前回の素のとんこつラーメンに別の風味が付けてある感じだが、あってもなくてもどちらでもいいかなという印象。値段の関係上でいえば普通のラーメンで十分か。相変わらずスープが旨いし、チャーシューも分厚く旨い。

そしてチャーシュー丼であるが、ご飯の上に刻んだチャーシューとねぎを乗せたシンプルな物。味に特に工夫もなく、大したものではなかった。外れである。チャーシューもラーメンにのっているものの方が断然旨い。

ラーメンはやはり旨いので、今回はさらに替え玉を投入。

追加のオーダーであったがこの店では券売機で食券を買うようである。替え玉はしっかりと1玉のようである。チャーシュー丼を抜いて替え玉のほうが満足度が高そうである。

次回があればつけ麺に行きたいと思う。

前回の味味

hiropongtan.hatenablog.jp

 

食の備忘録 #182: シェーキーズ池袋東口店「ランチピザバイキングで味わう」

2017年11月中旬訪店

平日池袋のランチタイムももう終わろうとかという時間に腹を空かせて池袋の東口を歩いていた。所用を片付けていたらこんな塩梅である。天候は相引くの雨模様と歩き回るのにも適さないので早々に店を決めたいところである。飲食店はたくさん立ち並んでいるので適当に歩いているのだが、なかなかピンとくる店はない。ラーメン屋ばかり目に付くのでラーメンでもいいかと思ったが、どうもそういう気分にならない。

そんな中目に留まったのがシェーキーズ。ピザの食べ放題をやっている店であった記憶である。新宿の店に何回か入ったことがある。そういえば池袋にいたときに前を通った時には入り口まで行列ができていた。

今日はここにしようと階段を降りると

まだ行列が残っている。むむむ、平日のこんな時間にまだ行列するのか?

どうしてもピザという気分でもないので時間がかかるようなら諦めて次に行こうかかと悩む。タイミング次第ではすぐに番が回ってきそうである。(入り口の写真は後付けなので列は写っていない)

待つこと10数分、ようやく店の中に入れる。先払いなので会計を済ませるとバイキングの料金のみ。新宿ではドリンクは別料金だった記憶だがここは含まれているようである。店員に案内され一旦席に着く。席の空き具合を見ると全然空いておりまだまだ入れそうであるが、入場制限をしているということであろうか。

早速ピザを取りに行きたいところであるが逸る気持ちを抑えて、まずはサラダ。

小皿にサラダを取る。食べ放題でサラダから入るのは定石である。血糖値の上昇を緩やかにし、いきなりお腹がいっぱいになり食べられなくなるということがなくなる。ついでにドリンクを取る。

糖分のなさそうなお茶かピザなので炭酸系で脂を流すのがよいが珍しいジュースがあったのでそれにした。マンゴーとオレンジのミックスジュースである。

一旦席に戻って置き、いよいよピザである。ピザは普段食べる機会がないのでこういったところで食べる以外は中々食べられない。この店の良い所は(選べば)出来立てピザをたくさんの種類食べられることであろう。この様に

たくさんの種類が並んでいる。タイミングにもよるが次から次へと新しいピザが焼きあがるので、ピザがないときは落ち着いて少し待った方がよい。残っているピザは若干冷めていたりする。ピザだけでなく

フライドポテト、パスタ、カレーライスもあるが、これらは罠であろう。特にパスタとカレーライスを食べてしまうとピザが食べられなくなる。ピザを適当にとって席に戻る。

1巡目のオーダーである。まずはサラダ。

生野菜の他にポテトサラダとマカロニサラダがあり、釣られて取ってしまった。炭水化物は極力避けた方が賢明である。次にピザとポテト。

次の皿にもピザ。

デザート系ピザも初めから取ってしまう。あるときに取らないと次いつ出るのか分からないからである。

シェーキーズのピザは記事がカリとしていて薄くクリスピー生地である。大体の店は薄い生地で焼き時間も短いようになっているのだが。具は割としっかり乗っている方だと思う。1ピースはそんなに大きくないが種類をたくさん食べると余裕で1枚まるまる食べている計算になったりするので思ったよりも量が食べられなかったりする。

とはいえ1巡目はなんなくクリア。まだ焼き立てで美味しかった。デザート系のピザは甘くやはりもっと後半にすべきだったかな。

2巡目は、またピザとポテト。

さらにパスタ。

このパスタも中々美味しく、スイパラのパスタとはなんだったのかと思わせる。ただしパスタは胃にたまる。とはいえピザも生地が胃にたまるのは同じか。

3巡目はピザとピザ。

丁度ピザがなかったので出待ちをして取ってきたピザであった。

ピザが焼けるとアナウンスがあるのだが、リクエストがあったピザが焼きあがりましたみたいなアナウンスだったので、リクエストもできるようである。相変わらずどのピザも美味しいがそろそろお腹も満足したという頃合だったので、この辺で店を出た。

店員が第何陣が来たみたいな話をしていたのでこの日は終始忙しかったのであろう。焼けるピザは瞬く間になくなっていく。宅配ピザが1枚2000円から3000円することを思うと1200円程度でお腹いっぱいいろいろな種類のピザが食べられるシェーキーズはコスパが大変良いと思える。

食の備忘録 番外編#65:健康中華庵 青蓮 東銀座店「あんかけ麻婆豆腐土鍋ご飯を食す」

2017年11月上旬訪店

久しぶりの青蓮訪店である。前回順番をすっとばされて後から来た4人に先に料理が出てどういうことかと聞いても今作っているという回答しか得られず、頭に来たのでそれ以来足を運ぶことはなかった。というのが2016年の12月だったわけなのでほぼ1年ぶりということになるのか。

ようやくほとぼりもようやく冷め、ここの麻婆豆腐の噂も耳に入ってきたので興味が沸き足を向けた。この店の麻婆豆腐はまだ食べたことがなかったが、結構オーダーしている人がいたような記憶である。ただそれはランチパスポート500円に釣られた人という見方ができなくもない。

店に入ると前回と変わらずランチタイムは賑わっていた。真ん中の大テーブルにいつも通り通される。メニューを見ると麻婆豆腐定食はなく、あんかけ麻婆豆腐土鍋ご飯があるのみである。一緒のようなものかと思いオーダーする。

待っている間に卓上のポットからお茶を注ぐ。中は入っていそうだがどうにもちょろちょろとしか出てこないのはなぜなのか?まるで何かが詰まっているような風である。ちなみにここのお茶はウーロン茶である。すっきりと後味もよいので飲みやすい。

さて、麻婆豆腐である。出てきたのがこちら。

定食でオーダーしたのでサラダ、スープ、デザートが付く。980円+税。単品もあるようである。

出来立てでまだぐつぐつ言っている。鍋の中身はごはん半分麻婆豆腐半分といったところ。大変熱いので気を付けながら食べる。最初はどうということない麻婆豆腐かと思ったが山椒が効いており中々癖にある味である。それでいて辛いかと言われれば否である。中々のバランス感覚である。辛い一辺倒の店があるがそういう店にはリピートできない。コスパが若干悪い気がするが、それでも美味しいのでありであろう。

食の備忘録 #181: 海鮮三崎港 人形町店「回る寿司を食す」

2017年11月上旬訪店

寿司のテーマを使っておきながら181回目にして、初めての寿司回である。寿司といえば高級なイメージで回る寿司だとしても軽く数千円となるので、お腹が膨れればいいのであればほかの店に行った方がリーズナブルであろう。

普段ならそう考えるのであるが寿司が食べたいという気分の日もたまにはある。そんな気まぐれに入ったのが海鮮三崎港人形町店である。

この店隣に回らない寿司も併設してるが、昼や飯時には行列ができるなど結構繁盛しているようである。とはいえ時間を外せば当然すっと入れる。この日も入ると先客はいたが3割程度埋まっているという印象であった。カウンターの奥の席に通されるので座る。

まずお茶を入れ、回っているであろう寿司を見たのだが寿司が流れていない。レーンは流れいるが空であった。人が少ない時間帯はオーダーして食えということであろう。

最近のすし屋はタッチパネルでオーダーできるのでオーダーも楽になった。

一通り食べるつもりなので、目に付いた順にオーダーしていく。まず来たのがいか。

歯ごたえがあってまずまず旨い。

次は季節の五貫盛り。

炙りトロサーモン、白子、ズワイカニ、いか、寒ブリ。いかが被ってしまったがいろいろ味が楽しめるのでお得感がある。トロサーモンと寒ブリが旨い。

海鮮サラダ。

あまりサラダ感がないが一応下にダイコンが敷いてある。どうせ寿司を食うからただのサラダで出してほしい。

白子ポン酢。

普段食べないが何を思ったのかオーダーしてみた。あんまり美味しくなかった。前に沼津で食べたときには結構おいしかったが、さすがにここでは無理か。

えんがわ。

大き目のえんがわで歯ごたえもありまぁまぁ旨い。

ほたて。

ちょっと高いがオーダー。味は良い。

まぐろ三味(中・づけ・びん長)。

味見のつもりでオーダー。中トロは本当に中トロか?と思う程度に微妙。ヅケが美味しい。

ネギトロ軍艦。

まずまずうまい、海苔がパリっとしていて軍艦もありだと思った。

おくら納豆軍艦とひかり三貫盛り(しめ鯖、こはだ、イワシ)は、写真取り忘れのためない。おくら納豆は並、ひかり三貫は微妙。

甘海老。

やはりちょっと臭みがあり好きではない。

ぶり。

この時期のぶりは旨い。

煮穴子。

柔らかく甘くてうまい。

ウニ軍艦。

1皿480円とちょっと高いが、臭みがなく甘くてうまかった。中々よいウニのようである。リピートするか迷った1皿。

まぐろステーキ。

表面が軽く炙られている程度で中は半生。ちょっとイメージと違った。

かつおたたき。

普通食べるたたきはこんなものだろう。土佐清水ワールドのたたきが美味しすぎた。また食べたいものである。

真いか軟骨。

甘いタレで食べるいかも悪くない。

サラダ軍艦。

割と好きなサラダ軍艦。イメージ通りの味。

まぐろ納豆軍艦。

軍艦がパリッとして美味しかったので軍艦攻めの終盤であった。これもまぁまぁ。この辺りから店にも人が増えレーンにも寿司が流れ始めたが、オーダーして食べていた方が握りたてで旨いと思われる。

豚カルビ

変わり種をオーダー。すし屋なのに豚肉。味は微妙であった。

18皿、ドリンクなどサイドはなし。会計は5000円弱。高い皿も値段を気にすることなく食べたのでまぁこれくらいであろう。安い皿は限られているのでそればかり食べても詰まらない。寿司の食べ放題行っても5000円弱なのでどっこいか。ウニが特別旨かったが後は、そんなに印象に残っていない。