ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #154:「グランドビッグマック vs アングリーアンガスバーガー」

マクドナルドの新作ハンバーガーとバーガーキングの新作ハンバーガーを食べて思うところがあったので、対比する形式で書いてみたいと思う。

2017年7月上旬訪店

フライドポテト150円という釣り餌にまんまとひっかかり、普段滅多に入ることのなくなったマクドナルドに入ってみると、ちょうど話題になっていた新作ハンバーガーが店頭にあったので、ついでに買ってみることにした。

その名もグランドビッグマック。ビッグマックといえば、長らくマクドナルドの高価格ハンバーガーの代表であり、フラグシップバーガーだと思っているが、同じ名を冠するバーガーとなれば、そこにはマクドナルドの何たるかが見られるというもの。グランドなる形容詞が付くとなれば期待も高まるが果たして。

店は、混んでなくて割とすんなり買えた。時間によっては混んでるのだが、普段もう入ることない自分としてはどういう層が利用しているのか少々気になるところではある。

持ち帰ってきたものがこちら。

縮尺の関係で分かりづらいと思うが、箱の大きさは十分といったところ。開けてみると

でかい、という感想。まるでバーガーキングのワッパーを初めて見たときのような驚きではあった。横から見ると

通常のビッグマックとさして変わらないような気がする。食べてみても味に特に変わりはないような気がした。ただ大きいだけのようであった。あくまでもビッグマックという枠組みの中で、ということなのであろう。肩透かしを受けたような印象であった。

2017年7月中旬訪店

特にバーガーキングに寄るつもりはなかったのだがステーキバーガーのこの

立て看板に引き付けられたが最後、どうしても気になって寄り道することになった。バーガーキングにしては少々高めの値段設定なので悩んだのだが、食べないことには何も語れない。

店に入ってみると行列はなく、すっと買えた。感じのいいイメケン店員がレジにいた。今回は店内で食べるので、イートイン、

少々待ち、以下のようなセットが出てきた。

見た目は少々物足りなさを感じる。うっかりしていたが、ワッパーとは書いてないので、いつも食べるワッパーサイズではなかったのだ。バーガーキングといえばワッパーであり、ワッパーを食べるからバーガーキングに入るのである。それ以外ならバーガーキングに来る理由にならないと思っている。

と、話が逸れたので戻ろう。包み紙を開けると、

中々の写真写りということもあるが、マクドナルドのような写真詐欺ではなく、割と本格的なハンバーガーの見た目である。バンズやパティがそれなりの厚さをしていおりぺっちゃんこではない。これは味のほうも期待ができそうである。

食べてみると、

しっかりと牛肉が味わえるハンバーガーで、チェーン店のハンバーガー屋で出てくるハンバーガーとしてはかなりレベルが高い味であった。どちら言えば1個1000円を超えるようなハンバーガー屋で出てくるような雰囲気の味であった。このハンバーガー単品で600円とファストフードとしては高い部類であるが、この味ならありかなと思う。これでワッパーを作ってくれるとよいかどうだろうか。

新作のハンバーガーから見え隠れする路線の違い

マクドナルドは、冒険をせず現状維持ということであろう。ハンバーガーの質を上げる気もないし、価格帯も変える気はなく薄利多売型である。食事に据えるには物足りず、おやつレベルでしかないというのが私の見方である。小腹が空いたり、ちょっとお茶をするために入る店という印象。

バーガーキングは、珍しくハンバーガーを食事として食べる人のための店という印象である。今回食したステーキバーガーは、サイズは小さかったが本格的なハンバーガーであった。そもそもアメリカンサイズのワッパーを提供するような店である。ワッパーは値段もそれなりなので高いと思ってしまうが、それに見合う満足感があるので、全然ありだと持っている。ただ日本人には合わないのか一度は日本撤退したこともあった。再上陸して非常にうれしい限りである。

日本ではなぜか安い食べ物という印象のハンバーガーであるが、中身にハンバーグが使われることを思えば安いわけなく、外国でハンバーガーを注文すれば日本円にして1000円越えは当たり前である。高級ハンバーガー屋と呼ばれるようなちゃんと食事として食べられるハンバーガーを出す店も増えつつあるが、流行るかちょっと微妙だと思っている。マクドナルドのセットで500円という刷り込みが浸透してしまっている日本で、1個1000円オーバーのハンバーガーが高くないと思える人がどの程度いるのかということろである。

食の備忘録 番外編 #51:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「7月の新メニューPart2」

2017年7月中旬から下旬に訪店

ほぼ毎日通っていた時期もあっがた、さすがに最近飽きてきた感がでてきた米どころん。やはりメニューが変わらないと飽きるのでそろそろメニューチェンジがほしいところである。

1. 豚肉と玉子の甘酢炒め定食

7月の新メニュー。コロッケはサービス券である。

ちょっと味付けが濃く辛め。ごはんが進むのでそれはそれでありか。野菜、卵、豚肉とメイン料理だけで見てもバランスが良い一品。同時期にメニューに追加された胡麻わさび炒めのほうが好みであった。

2. わらじカツカレー定食

7月新メニュー。奥に見切れているのは味付け海苔。

わらじカツで事前に切ってあるのはこれが初めてか。やはり切ってあったほうが食べやすい。また定番ながら安定のおいしさのカツカレー。今まで米どころんのメニューになかったのが不思議なくらい。これは定番メニューでもいいくらいである。

3. 温玉塩だれ肉野菜炒め定食

最後の7月新メニュー、冷ややっこはサービス券。

似たようなメニューが過去に存在したが味付けも似たような物。違いはというと真ん中に落とされた温玉。塩だれ悪くないがもう一つ物足りない感じ。今のところ胡麻わさび炒め一択か。

食の備忘録 #153:「宮崎県産の太陽のたまごを食す」

2017年7月上旬到着

7月にもなると季節限定のふるさと納税返礼品も発送も始まり大変楽しい時期となる。返礼品に何をもらうか方策は人それぞれであるが、個人的には普段手にすることがないような高価な食材をターゲットにしている。今年は少々奮発してあの太陽のたまごと呼ばれるマンゴーを決め打ちしていた。

さすがにそもそも原価が高いマンゴーであるので、寄付額もそこそこであったが、原価率をみると悪くないし、一回は食べてみたかったのである。そんなこんなで心待ちにしていたマンゴーがついに届いたのであった。

外装を剥ぐと太陽のたまごシールが張られたパッケージがお目見え。

サイズは3Lで2個。生産者さんの名も入っている。

箱を開けると大粒のマンゴーが2個。

香りが強く開けた瞬間にマンゴーの良い香りが広がった。真っ赤に色づいて大変おいしそうである。重量を確認すると

462gと

478g。

早速食すことに。種分を見極め切ると

きれいな黄色の断面。切ると一層香り強くなった。

さいの目に包丁を入れ皿に盛ると

食べると口の中に広がるのは濃厚なマンゴーの甘味。味わいは特上であった。千疋屋で食したマンゴーに匹敵するほどの旨さ。マンゴーこそ果物の頂点かな、と思わせるほどの旨さであった。さすがに市場で買うと高いだけはある。

1個を食して満足して残りは次の日へ。

来年はもう少し安いマンゴーをたくさん食べたいかな。

 

 

食の備忘録 #152:MyHumbleHouse「コース料理を食す」

2017年7月上旬訪店

今回は打ち上げということで普段いかないような店に誘われた。

店に着くとどうやら地下店舗のようだる。地下店舗には優良な店が多いが果たして。

入り口の横には

ポスターがあり、よく見るとレストラン&バーラウンドと書かれている。中に入ると結構雰囲気作りを頑張っているが、薄暗くバーラウンジかと思ったが、中はがやがやと煩く落ちつきがない。

カメラの補正が強すぎて店内は明るく写っているが実際には薄暗い。

席に着くと割と普通のレストランの様相である。

ドリンクのメニューは普通だったが、割と頻繁に飲み物の確認があり仕事はサービスレベルは高いほうか。ドリンクの提供も早いほう。

料理のほうはというと、1品目。鳥ハムのような物とキッシュのようなもの。

2品目:白身魚のカルパッチョ

3品目:鮮魚のサラダ

4品目:鶏肉料理

5品目:チャーハン

6品目:デザート

料理については特筆することはない。可もなく不可もなくといった程度の味でボリュームは並。コースの値段が分からないのでコスパ的にはどうだったか不明であるが、広いホールような一室にテーブルがたくさん並ぶ形式でとにかく雑音が多く少し離れるともう相手が何をしゃべっているのか聞こえなくなるレベル。少人数じゃないと使えない店であった。

食の備忘録 番外編#50:千疋屋総本店 フルーツパーラー「山梨県産桃を使ったピーチパフェを食す」

2017年7月下旬訪店

久しぶりの千疋屋総本店への訪店となった。先月のマンゴーパフェは絶品であったがさすがにもう一回足を運ぶ機会は訪れず残念である。さすがにこの時期までマンゴーが残っているわけはなく今月の季節のパフェはピーチパフェ。

ピーチパフェの他にはトロピカルフルーツを使ったトロピカルフルーツパフェや常設のパフェがあったが、この日は入店すると同時に桃の香りに包まれたほどでピーチパフェ以外の選択肢は難しかった。

ほかの面々も同じくピーチパフェをオーダー。しばらくの後出てきたのがこちら。

卓上に咲いた桃の花、ではなく桃の果肉の花。

上から生クリーム、カットされた桃、桃シャーベット、バニラアイスクリーム、桃のジュレといった構成。桃は甘さ控えめで、瑞々しく食感が多少残っている程度の硬さ。前回食べた桃の同じような感じだったので千疋屋で出てくる桃は、これの状態が基準のようである。個人的にはもう少し熟して甘さが増した桃のほうが好みである。

前回の千疋屋

hiropongtan.hatenablog.jp

 

 

食の備忘録 番外編 #49:大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「7月の新メニュー始まる」

2017年7月上旬訪店

7月に入ると新メニュー登場に加え、サービス券のラインナップも更新され米どころんも少し変わった(のか?)。生卵が保健所から止められたらしく半熟卵のみの提供となっていた。

1. イチボステーキ(200g)定食

新メニューといつつ、前回も登場したイチボステーキが再登場である。メニューから亡くなる前にもう一度、といったところであったが、今回は前回よりもボリュームアップして200g。値段もアップして1650円と銀座ランチにしても高価な部類。

焼き加減は前回同様のミディアムレア。中心部がちょっと赤いが火は通っている。柔らかい赤身肉でわさびを少し乗せステーキソースに付けて食べる。やはり旨い。赤身ということでご飯のおかずというよりは、肉をばくばく食べたくなるような味。

50gの増量分の効果はあまり分からず。150gの方でいいかなと思う。このステーキ割と男性客が食べているので今しばらくメニューにいるかもしれない。

2. ナスと豚肉の胡麻わさび炒め定食

7月からの新メニュー。前にも同じような炒め物があったが味付けが変わったマイナーチェンジか。

胡麻とわさびの風味がするが、ちょっと濃いめの味付けでごはんのおかずにぴったり。中々うまい。そして、これまで生卵の日があったのだが生卵中止になったので代わりに

メンチカツの日になっていた模様である。コロッケの日に続きメンチカツの日と揚げ物が続く。納豆の日とか冷ややっこの日とかにならないだろうか。コロッケの日は混むししなしななコロッケは美味しくない。

サービス券の味付け海苔。見た目通りの味。

3. イワシのかば焼き丼withとろろ

こちらも7月からの新メニュー。丼ものながらイワシの原価が安いのかとろろが付いてきてお得感がある。

イワシの揚がり具合は申し分なく、たれもごはんにぴったり。1尾につきごはん1杯いけそうである。とろろもあるとなると3杯は行けてしまう計算になる。カロリーに注意である。新メニューの中ではこれがイチ押しの予感である。

食の備忘録 番外編#48: ブルーリリー 青百合飯荘 銀座チャイニーズビアホール「ナスと豚肉のピリ辛炒め定食を食す」

2017年7月上旬訪店

久方ぶりのブルーリリー訪店となった。地下ながら銀座にしては、席数が多いので人数が多いときは便利である。店に入ると中ほどの席に通される。周りを見渡すと6割程度の埋まり具合か。席数が多いので十分客が入っているといえるであろう。

メニューを見てもあまりピンと来るものがなかったので、ナスと豚肉のピリ辛炒めをオーダー。連れは大餃子定食をオーダーしていた。大餃子定食が有名らしいが、そこまでおいしいとは思わなかったし、中華料理屋に入って餃子というのも。むしろラーメン屋で餃子は食べたくなる。

待つことしばらく、最初に自分の分が出る。

ごはん、メイン料理、スープ、漬物という構成は、相変わらず。そこらの中華料理屋ではサラダが付くのでちょっと物足りない。スープは酸味が効いた中華料理屋らしからぬ味。このスープは前回もそんな味だった気がするのでこの店の特徴か。

メイン料理はというと、ごはんのおかずにはぴったり。野菜と肉がバランスよく食べられるのは、炒め物の良いところであろう。この店ならではという感じもなくどこにでもありそうな味。

この日はオペレーションの杜撰さが気になった。同じテーブルの料理が10分以上もでなかったり、同じ餃子定食なのになぜかロットが別だったりと。そういうことをする安っぽい店ではないと思っていたがどうやらその程度の店であった。

この近辺で中華料理屋と思い浮かべると東方一角>青蓮>ブルーリリーか。割とコスパ重視の目線である。

 前回のブルーリリー

hiropongtan.hatenablog.jp