読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録#70:暴走熟成肉庫 肉アバンギャルド 秋葉原「熟成肉を存分に堪能する」

2016年9月下旬訪店

熟成肉が流行った時期があったが現在は落ち着いたような気がする。今でもまだ人気店であれば本当に美味しいお店なのだろう。ということで、熟成煮を友人達と食べに行くことにした。

今回チョイスしたお店は、秋葉原にある暴走熟成肉庫 肉アバンギャルド。予約の電話をしたら早い時間しか空いてなかったので人気があるお店であろう。お店の場所がちょっと普段歩かない方向にあったのでどこにあるんだろうか?といった感じだったが、卒所として現れたのがこれ。

中々良い店構えである。中に入ると開店と同時に入った客でほぼ満席であった。席に着くとお通しの冷製スープが出てきた。

のだが、それを飲んでみる前に、熟成肉を注文。

国産牛、黒毛和牛と2種類の牛があり、サーロイン、リブロース、しんたま、ももと4種類部位があった。さらに熟成期間が長いお奨め肉というのも別枠であった。すごく悩ましいが悩んでいる時間もあまりないので、プレミアサーロイン、国産牛(リブロース、しんたま、もも)と注文。トータルで1kgくらいだが、よく食う連中なので大丈夫である。少しして注文した肉のお披露目があった。

写真だと分かり辛いが、独特の艶があり熟成しているんだなと見た目に分かる。プラシーボかもしれないが。この肉達が焼きあがるまで30分ということなので、レギュラーメニューを色々と注文。

やっとここで冷製スープが飲めたので、味わう。中々美味しい。談笑しているとまずサラダが登場。

1品目:アバンギャルドサラダ

ハムがいいアクセントになって中々美味しいが5人で分けるとすぐになくなる。

2品目:本日のキッシュ

1個じゃ少ないだろうな、とは思っていたが1個を5分割したので本当に味見程度になってしまった。悪くないが追加するほどもなかった。

3品目:馬肉のカルパッチョ

これもまぁまぁ。前菜としてはありだが、なくてもよい。

4品目:カプレーゼ

トマトとチーズを一緒に口の中に放り込む。これもまぁまぁ。

5品目:スモークサーモン

これは中々美味しかった。

6品目:チーズ盛り合わせ

スモークチーズもあり中々変わったチーズがあるなと思った。容器に入ったチーズはデザートのような味だった。

7品目:馬肉のタルタル

3種類の調味料を適当に混ぜると美味しいはず。個別に取り分けて付けて食べるのではあまり分からない。

ここまで振り返ってみると7品食べているが所詮は5分の一、さらに前菜みたいな皿だけだったのでまだまだこれからが本番である。

8品目:国産中の熟成肉のステーキ

しんたまは、歯ごたえがあって噛めば噛むほど系の肉だった。

リブロースが一番好みだった。これが肉としてこの4種類で一番旨かったように思う。だが他の人は他の肉が好みだったようだ。柔らかくかみ締めると肉のうまみが口の中に広がる。

熟成50日のプレミア肉。g単価が一番高かった肉。骨付きで骨が結構なグラムだったのかあまり食べるところがなかった印象。味もそこまで違いがあるかわからなかった。

食べなれた味。そういう感想で一致した。ここまで来てわざわざ食べる肉ではない、という感想だがこれが一番好きという人もいた。

熟成肉を食らい、満足かとおもったのだが、店員が熟成肉、ドリアなど時間かかる料理はオーダーストップです、と来ると、もう一回熟成肉を頼むことに。久しぶりにこいつらよく食うなぁと思った瞬間であった。個人的にはドリアかなという気分だった。どの肉をどのくらい追加したのかは、後のお楽しみ。

ここから2順目がスタート。肉が来るまでの間のつまみも当然追加。

9品目:生ハムとサラミの特盛

摘むにはちょうどよい。

10品目、11品目:砂肝と鶏レバーとまいたけのアヒージョ+パン盛り合わせ

アヒージョにはバケットが付くが人数分は付かないので、パンの盛り合わせを追加。これは中々美味しかった。

13品目:オイルサーディン

これはあまり合わなかった。

14品目:黒毛和牛の熟成肉ステーキ(もも、しんたま、サーロイン)

黒毛和牛にかわってぐっと肉のレベルが上がった。肉が柔らかくなってうまみが増している。もも肉でさえそう思ったし、全員が同意したので間違いない。

しんたまは、さらに油が乗って旨くなった。ちょっと癖があるかも。

50日熟成よりもこちらのほうがうまかった。2皿目の肉盛りではサーロインが一番旨かった。リブロースを入れなかったが悔やまれる。

15品目:ポテトフライ

黒胡椒がきいてうまかった。

16品目:豚肉のとろとろ煮込み

豚肉と野菜の煮込みといったようなもの。うまかったがさすがに終盤すぎた。

会計が50000円弱と久しぶりに一人頭諭吉さんだったが、誰一人として高いとは言わなかった。料理以外では、酒をそこそこ注文しているが食べた印象でいえばもう少し行ったかなと思っていた。コスパは十分いいと思う。肉の皿はグラム数から行ってそれぞれが大体1万円くらいである。

国産牛よりも断然黒毛和牛がうまいので、値段にびびらず黒毛和牛を選ぶべきである。大人数で行くと色々な種類食べられるし割安になるので大人数でいくべきであろう。