読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #85: 千疋屋総本店 フルーツパーラー 西武池袋店「柿のパフェを食す」

2016年10月下旬訪店

久しぶりに西武池袋の千疋屋にやってきた。最近千疋屋というと日本橋店のほうへ行くことが多い。理由は単純で営業時間が長いからだ。飲んで騒いでの後だとラストオーダーが終わっていることが多いのだ。

この日は昼から遊んでご飯を食べて何か甘いものとでもという流れになったが、時間がまだ浅かったので西武池袋店に足を運んでみた。千疋屋は店舗限定でいろいろなパフェが出ていることがあり、一期一会のパフェがあったりする。

この日の西武池袋千疋屋は中々盛況で客の入りが7割といつになく人が多い印象。季節のパフェが栗、店舗限定がイチジクとベリーのパフェ、柿のパフェであった。柿のパフェに出会ったことはまだなかったので即決。連れはいちじくにするようである。フルーツ自体の値段がそこまで高くないのか値段は1700円+税と千疋屋にしては安めであった。

しばらく後、パフェが登場。まずは柿のパフェ。

上から生クリーム、柿、柿のシャーベット、ぶどうと下に続く。

次にいちじくとベリーのパフェ。

赤い果肉が食欲をそそるようである。

果物を1対1交換して、いちじくを頂く。そもそもいちじくをこうやって食べたことがなかったのでおいしいか分からなかった。連れの反応も似たようなものであった。

柿はというと、糖度が高くシャキシャキしていておいしいかった。シャーベットは少し味が薄いが柿なのでそういうものかもしれない。下の層はバニラアイスクリームがありその下に柿のジュレと柿が更に詰まっていた。通常下層にまで果物がそのまま入っていることはないので、これはちょっとした驚きとともにお得感があった。上から下まであま~いパフェであったが、柿の自然の甘味でくどくない。

たまには違う店舗にも来てみるものである。