読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

美味しいお店、美味しい物をレポートしていきます

食の備忘録 #121: 大釜炊きご飯 米どころん銀座3丁目店「鉄板味噌だれ牛焼肉定食を食す」

食ログ 銀座 ランチ 定食

2017年1月中旬

定食屋というスタイルで営業している店はあまりないのかもしれない銀座であるが、それもご飯自体を押している店というのは、やはり稀有であろう。普段は素通りしていくのだが、特に行く店を決めずに出たため、足が止まる。

雰囲気はやよい軒のようだと感じたが店名を見るとあまり見ないという印象であった。

とにかく入ってみる。入ると目の前に2台の券売機。タッチパネル式であった。メニュー一通り確認して、魚料理が気になったが、肉に外れなしと思い、鉄板味噌だれ牛焼肉定食にする。空いている席に座ると店員が、お茶を出し食券を回収していく。お茶はセルフサービスと書いているが、最初の一杯は出してくれるようである。

店内はお一人様が多い。カウンター席が多い印象で、10数人が使える大テーブルとグループ用の席がいくつかある。客層は男女同じ程度であるように思う。客が入るごとに寒風が店内に吹き込み寒い。などと店内を観察していると料理が出てきた。

鉄板味噌だれ牛焼肉定食である。

ごはん、味噌汁、メイン料理の他に、サラダ、小鉢が付き中々よい。定食が900円弱と少々高いような気がしていたが、このボリュームであれば相応か。またご飯はお代わり自由のようである。

肝心の味は、可もなく不可もなく。焼き肉は特別美味しいというわけではないが、こういった店で出る分にはこんなものだろう。小鉢のほうれん草の和え物が中々気に入った。

食生活が乱れがちな外食ばかりの中、バランス重視の食事を目指すならこういった店を混ぜるのは良いだろう。次回は魚系を攻めてみたいところである。