読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

食ログとして食べたものを記録していきます。特に美味しかったお店や美味しい物について特筆します。

食の備忘録 #128: ジャックインザドーナッツ秋葉原店「究極のチョコレートドーナツを食す」

食ログ 秋葉原 軽食 ドーナッツ

2017年1月下旬

秋葉原はヨドバシカメラの軽食エリアに出来たドーナッツ屋のレポートである。この場所は、中々店舗の入れ替わりが激しく駄目な店はすぐになくなるので今度のドーナッツ屋はいかに、といったところである。ワッフル>ポップコーン>ドーナッツと来ている。ポップコーン屋などは、いつも閑古鳥が鳴いており大丈夫かと思っている最中最速でフェードアウトして行った。

今度できたのは、ジャックインザドーナッツ。

少々変わったドーナッツが並んでおり、それが売りのようである。ヨーロッパで云々というような謳い文句が付いているので、そっちから持ってきたのだろうか。折角なので試しにいくつか買ってみることにした。

まずは、”究極のチョコレートドーナッツ”。

甘さ控えめのチョコレートドーナッツでそれ以上でもそれ以下でもないという感想。商品名に”究極”はつけないほうが良い。無駄にハードルだけが上がる。

オーボレン。

伝統的なドーナッツという謳い文句であった。粉砂糖がまぶされたドーナッツで甘い。

少々時間が空いてしまったので記憶が曖昧になっているが、残っていないということは大したことがなかったということであろうか。お菓子というよりはパンの延長線上にあるようなものだったと思う。

特にこれいった物がなかった。ドーナッツはコンビニで手軽に買えるようになったので苦戦を強いられそうな気がする。