読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろぽんの「食の備忘録」

美味しいお店、美味しい物をレポートしていきます

食の備忘録 #07: 函館らーめん船見坂(東銀座)「塩、味噌、あさり」

食ログ 東銀座 ラーメン

2016年6月下旬訪店

美味しい塩ラーメンがあると聞き、店名は函館ラーメン船見坂。東京にあって函館ラーメンか、と思いこれまでスルーしてきた店であるが、美味いという前評判があれば別。

f:id:hiropongtan:20160718171241j:plain

入り口が開けっ放しで店内は少し古めかしい感じ。客の入りもそこそ。お目当ての塩ラーメンの食券を買う。大盛りも並と同じ値段なのはうれしい。他にも味噌、あさりなど気なるラーメンがあったがそこは初心貫徹である。

待つ間に店内を観察すると居抜きで作ったのか店舗の建物がかなり古いような感じがした。他の客の注文に聞き耳を立てていると、塩が若干多めか。どのラーメンを注文が入るので一極集中というわけでもないようだ。

標準的な待ち時間で塩ラーメン:特塩そば(大盛り)登場。特と普通の違いは具のみであると思われる。

f:id:hiropongtan:20160718171407j:plain

透き通ったスープから一口。旨みのある塩スープで、辛いというわけでもない。麺は細め、卵はもう少し半熟の方が好み。ほうれん草が乗ってくるのはうれしい。見た目も色鮮やかで食欲をそそる。麺の量が本当に大盛りで食べ応えがあった。満足できる塩ラーメンであった。塩ラーメンでうまいと思わせてくれる店は中々ないので貴重である。

2016年7月上旬再訪

思いのほか早々の再訪である。塩ラーメンが思いのほか気に入ったので他のラーメンも非常に気になるところ、ということで今回は味噌である。今回も具のアップグレード版の味噌バターコーンをセレクト。

12時台ということで今回は前回よりも混んでいた。やはりピークタイムははずした方がよい。それでもラーメン自体は前回と同程度で到着。

f:id:hiropongtan:20160718171236j:plain

中央に盛られたもやしと葱山。それを取り囲むようにコーン、わかめ、バター、チャーシュー、シナチク。中々食欲をそそる光景である。

f:id:hiropongtan:20160718171226j:plain

今回は無料ライスも注文。麺量は前回同様に大盛り。相変わらずの食べ応えでライスは要らなかったかもしれない。味噌ラーメンも、うまかった。スープにコクがありどんどん胃袋に吸い込まれていく。具も多めで同じ味に飽きるということがない。たまにはこんな味噌ラーメンもありかなと思う。ただ、味噌だと選択肢は多いので特別これを選ぶ必要はないかもしれない。

2016年7月中旬再々訪

塩、味噌とくると残りめぼしいメニューはアサリを残すのみ。記憶が新しいうちにということで、もうすでに夏真っ盛りになり暑い最中ラーメンを食べに出る。すると夏真っ盛りだというのにいつもどおり店の入り口が開けっ放しであった。夏でもこのスタイルなのか?と思いつつ食券を買い着席。

店内を眺めいると電気屋が来て何やらエアコンを見始めた。どうやらエアコンは故障しているようだ。さすがに夏はエアコンを入れるよねと納得する。

待つこといつもどおりの時間で浅利ラーメンの登場。葱の下にアサリが見え隠れする。

f:id:hiropongtan:20160718171103j:plain

葱を脇へ避けてみると

f:id:hiropongtan:20160718171120j:plain

アサリがじゃぶじゃぶといった様子。では、いただきます。スープは色からも違いが分かるように、塩ほど透き通ってない。飲んでみるとマイルドな味わいでアサリの風味がするといった印象。アサリがたっぷりでまさにアサリラーメンとった感じ。ラーメンがメインなのか、アサリがメインなのか。ここまで具としてのアサリが際立っているラーメンも珍しいのではないだろうか。

f:id:hiropongtan:20160718171126j:plain

食べ終わる頃にはこの量の殻である。味の方はというと、ラーメンとしては好みが分かれるところか。ラーメンのスープにしては優し過ぎるような気がする。魚介ベースでもパンチが効いたスープはあるので物足りないと思う人がいると思う。

 

思いのほか通うことになった船見坂これにてレポート完了とす。個人的には塩>味噌>アサリかな。